ページの銭湯へ戻る

十五社神社

美濃国守護・土岐氏の氏神であり、天地創生や天皇ゆかりの神々が祀られる神社。

清らかな大気が流れる聖地!遥か平安時代から続く土岐氏の氏神

神秘的な森の中に静かに佇む十五社神社。
神社の歴史は古く、その起源なんと約1200年前(すごい!)にまで遡ります。
ある時、驚異の天変地異が起こり里の人が天に祈りを捧げると、裏の唐松山より天地創生の神々が現れて「この地に社を設け、広く国内を守護するように」とのお告げがあったそうです。

そこで里の人が現在の場所に「天神大明神(あまつかみだいみょうじん)」として奉ったのが十五社神社の始まりと伝えられています。

後に名が「裁主大明神」と改称され、神意を伺う「盟神探湯(くがたち)」の神事が行われ、その後、湯立神事(大釜に沸かした湯を参拝者に振りかける)に変わり、江戸時代まで続きました。(その神事は途絶えていましたが、平成7年より復活したそうです!秋祭りの時に行われています。)
戦国時代に入ると、大桑の地に本拠を移した美濃国守護・土岐頼芸が本殿を改築。
源氏の氏神である石清水八幡宮を勧請、合祀して「十五社大権現」と改称し奉りました。
そこで加藤與三右衛門(現在の神主さんのご先祖様)を祭祀に当たらせ、土岐氏の氏神として篤く崇敬しました。

徳川の時代になると、徳川家に仕えていた土岐頼勝(土岐頼芸の孫)が武運を祈願に参拝しました。
すると頼勝は数々の戦で功績を挙げ、その神徳に感謝して寛永18年(1641年)に本殿を寄進したそうです。
そのことから、頼勝の武功にあやかりたいという人たちに、「勝守り」というお守りが人気なんですよ。

やがて元禄14年(1701年)には、5代将軍・徳川綱吉の命により本殿が改築されました。(本殿内陣の柱には綱吉公の名が記されています)
その後、社号を「十五社大神宮」と改称するよう岩倉具選(岩倉具視の曽祖父)に願い出て、文化9年(1812年)、朝廷の許しを得て、皇室の安泰を祈願しました。
明治維新後に「十五社神社」と改称して現在に至ります。

天照皇大神(あまてらすおおみかみ)など15座(20柱)の神々が祀られています。

迫力ある逸見杉と美しい本殿は必見!土岐・朝倉氏親交の証・狛犬も

車で鳥居をくぐり、木立が並ぶ駐車場で降りると、静かで澄んだ空気に包まれます。
境内一帯が緑に覆われ、まるで別世界に来たように神秘的な雰囲気!

そこでまず目に入るのは大きな「逸見杉(へんみすぎ)」。
その荘厳な出で立ちには、誰もが思わず見入ってしまいます!
逸見杉は、承久の乱の勲功で後鳥羽上皇より大桑郷を賜った逸見又太郎義重のお手植えと言われ、樹齢約800年、目通り約5.2メートルで市指定天然記念物となっています。(3本植えられた内残った1本だそう。力強い生命力を感じます!)

社殿へと続く階段の始まりには、神様の通り道といわれる「太鼓橋」があります。
丸くてかわいらしい姿に、思わずカメラに手が伸びます♪
その先の階段を上っていき拝殿へ。

御朱印や勝守りをいただきたいという方は、お賽銭箱の横に案内があるのでご確認を。

拝殿の奥には、県の重要文化財に指定されている立派な本殿があります。
本を伏せたような形の「切妻造り」と、正面に飾られた三角形の「千鳥破風」、檜の皮を重ねた「檜皮葺」が特徴的な屋根。
その姿は静かだけど荘厳で壮麗、といった感じで見事です!
さらに繊細な彫刻も見逃せませんよ。

中国の「二十四孝」という親孝行の物語をはじめ、干支の絵や金剛力士像などがあしらわれています。
ぜひ目を凝らして見てみてください!
他にも本殿内に保管されている、天文9年(1540年)に土岐氏が奉納した狛犬も市の重要文化財に指定されている貴重なものです。(一般非公開)
当時、狛犬の素材である笏谷石が越前より外に持ち出されることは滅多になく、土岐氏と朝倉氏の深い親交が伺えますね。


2021.03.19

INFORMATION

名称
十五社神社
所在地
岐阜県山県市大桑2281番地
駐車場
10台
お問合せ
0581-27-2002
URL
http://www.ccn.aitai.ne.jp/~t_kato/jyugosya/index.htm
女性のイラスト
歴史が古いことは知ってたけど、神々のお告げがきっかけだったことや、5代将軍の徳川綱吉の命令を受けて本殿が改築されたこととか、そんなすごい所だったなんて何だかとても誇らしい気分になります。(僕は何もしてないけど…笑) 難しいことはわからないけど、ここのなんともいえない神聖な雰囲気が好きでよく来るんですよね。十五社神社の周辺には、六万墓や四国堀、土岐氏の菩提寺である南泉寺とか、土岐氏ゆかりのスポットがたくさんあります。近くの四国山香りの森公園でレンタサイクルを借りることができるので、当時に思いを馳せながら歴史コースをぜひ巡ってみるのもオススメです!