ページの銭湯へ戻る

ハリヨ公園

郷土の財産“ハリヨ”を守る!美しく整備された憩いの公園

令和3年に大幅リニューアル!美しい公園でハリヨを観察しよう

てんこもり農産物直売所に近く県道79号と県道91号が交差する信号を北に少し進むと、のどかな田園風景の中に「ハリヨ公園」の看板が現れます。
綺麗な水を湛えた大きな池と、芝生や遊歩道が整備された公園は、どこか庭園のような美しさがあります。
公園は令和3年3月に大幅にリニューアル整備され、大きなテラスが設置されたので池の中のハリヨが観察しやすくなりました。

ハリヨとは、岐阜県と滋賀県の一部、それも綺麗な川か湧水の場所にか生息しないという大変貴重な淡水魚です。
かつて湧水が豊富だった伊自良地区には、多くのハリヨが生息していたといわれていました。
しかし、生活改善のために長年にわたって行われてきた土地改良事業によって、その数は大幅に減ってしまいました。

山県市ではこの魚を「美しい自然と水」のシンボルとして大切にする取り組みを進めており、ハリヨをきれいな伊自良川の伏流水を取り込んだ池に放ち、生息環境が持続できるように整備してきました。
また、美しい公園はハリヨの観察だけではなく、人々の憩いの場としてテラスでのんびりとした時間を過ごす人の姿も多く見られます。

絶滅危惧種であり郷土の財産。ハリヨってどんな魚?

ハリヨは全長5〜7cm程度程度のトゲウオ科の小魚で、背びれに3本、腹に2本、尻びれ付近に1本のとげがあります。
繁殖期のオスは婚姻色が生じて腹側が朱色に染まり、体側は光沢のある青色になります。
その美しい色合いと可愛らしい姿は、見ているだけで癒されます。

一年を通して水温が15℃前後で安定した湧水の場所がある綺麗な川でしか生息できないため、現在では絶滅危惧IA類に選定されており、とてもとても貴重な魚なんですよ。

そんな貴重な魚が生息する山県市。
ハリヨが住み続けられる環境を、いつまでも守っていきたいですね。


2021.10.12

INFORMATION

名称
ハリヨ公園
所在地
岐阜県山県市大森202
駐車場
15台
お問合せ
0581-22-6832(山県市役所 建設課)
男性のイラスト
以前からこの公園には子供を連れて行っていたんですが、綺麗にリニューアルされてからさらに行くようになりました。近くの「てんこもり農産物直売所」で野菜を買い、「体験農園みとか」でスイーツをテイクアウトして、公園のテラスで子供と一緒にハリヨを見ながら食べるってのがいつの間にか定番の流れに(笑) 子供にハリヨを見せられる事自体が素晴らしいですし、公園が綺麗に整備されたことで、また次の世代にもハリヨと環境への想いをつなげて行ってほしいですね。