ページの銭湯へ戻る

桑の木豆

独特な栽培方法とホクホクとした食感!近年注目の岐阜県認定の伝統野菜です。

山県市美山地域に古くから伝わる伝統食材"桑の木豆"ってどんな豆?

桑の木豆は、山県市の北部、美山地域で栽培され食べられてきた伝統食材です。
岐阜県によって、古くから栽培されている特色ある野菜として「飛騨・美濃伝統野菜」に認定されています。
インゲン豆の一種でサヤごと食べられるのが特徴で、食べるとホクホクとした食感があり、煮物やおこわなどの料理やお菓子にも使われます。
大豆と同じく、ポリフェノールの一種であるイソフラボンが豊富なのも特長です。

かつて養蚕が盛んだった美山地域には桑畑がたくさんありました。
その丈夫な桑の木にツルをはわせて作っていたことから「桑の木豆」という名前がついたそうです。
ある程度寒い場所でないと育たず、熟すとあらわれるきれいな赤いかすり模様も、この地域以外では豆が大きくならず出ないそう。
やはりこの地域ならではの食材なんですね。

通常は保存用にサヤごと乾燥させておいたものを、調理の前に水で戻して使います。
この地域の食卓では昔から、けんちん汁やご飯の具にしたり、煮物やフライにして食べられてきたそうです。
一部は若い時期に収穫され、干さずにそのまま茹でてサラダやおひたしにしたり、天ぷらにするのがおすすめだそう。

サヤごと食べられて、いろんな料理やお菓子にも使われる特産品、桑の木豆。
長年この地域の家庭の味となっていましたが、ホクホクとした美味しさと栄養、独特な栽培方法などが注目を浴びる理由だったんですね!

桑の木豆はどこで買える?食べられる?

桑の木豆は、農産物直売所(兼食事処)の「ふれあいバザール」で購入することができます。
桑の木豆を特産品として売り出そうとはじまったふれあいバザールでは、収穫時期の9?10月頃には生の桑の木豆が、その後からは乾燥したものが並びます。
そしてふれあいバザールの食事処では、桑の木豆のおこわやフライがいただけます。
ここでしか食べられないとあって、とても人気なんですよ。

生産者の工夫と努力によって、桑の木豆を使った加工品も多く開発され商品として出ています。
炊き込みご飯の素や、揚げるばかりの状態のフライ。
他にもご飯に乗っけて食べられるおかず味噌もあり、その種類はフキノトウ、ニンニク、ゆずの3種類もバリエーションがあるんですよ!
そして蒸しパンやアイスクリームなんてのもあります。
どれも、桑の木豆の独特な味やホクホクとした食感が活かされているものばかりです。
ふれあいバザールでは今後、桑の木豆を使ったパンやクッキーも登場する予定だそうですよ♪


2021.05.25

INFORMATION

名称
桑の木豆
備考
販売所:ふれあいバザール
所在地/岐阜県山県市船越416-13
電話/0581-53-2125
営業時間/飲食部門:10:00-14:00(蕎麦がなくなり次第終了)
直販部門:7:00-17:00
定休日/飲食部門:月曜日・第3日曜日
直販部門:月曜日
駐車場/40台
男性のイラスト
桑の木豆を初めて食べたのは、ふれあいバザールのざるそば定食についてたおこわとフライでした。他のどんな豆とも違う味と食感に出会って衝撃的でした!しかも直売所で桑の木豆の加工品が買えるから、おこわやフライが家庭でも味わえるのでありがたかったです。サヤごと食べられるのも、栄養まるごといただけるっていう感じで嬉しいですよね!煮物にするときは、強火でグツグツやっちゃうと豆が飛び出るので、弱火でコトコトがポイントですよ♪っていうのも、ふれあいバザールで教えてもらったことの受け売りなんですけどね(笑)まだ食べたことないっていう人には、ぜひ一度食べてみて欲しいですね!