ページの銭湯へ戻る

大和屋製菓舗

ふわふわ食感の麩まんじゅうが人気!地元に愛され続ける和菓子屋さん♪

まんじゅうを作り続けて80年。地域に根ざす和菓子屋さん。

里山かおり街道(県道79号線)から住宅街へと入っていくと、瓦屋根の和風の建物が目に入ってきます。
趣ある看板には「大和屋製菓舗」の文字。
ここは創業からなんと、およそ80年の歴史を持つ和菓子屋さんなんです!

メインの商品は、蒸し物のおまんじゅう。
お茶菓子や法要の際のお供え物として、地元の方々に多く利用されています。
たくさん欲しいという方からは、事前に注文を受けることも多いそうです。

そんな大和屋製菓舗のまんじゅうは、創業当時からずっと変わらない味。
まんじゅうに使用する粉は、仕入先をあちこちと変えずにずっと同じところから仕入れています。
また、山県市のブランド栗「利平栗」が主役の栗まつりに何十年と出店していたり、地元の小学生に体験学習の場を提供したりと、地域活動にも長く貢献しています。

現在は4代目の手によって、代々受け継がれてきた味や製法が今も変わらず守られています。
お客さんは親の代からの繋がりで来てくれる人も多いというほど、地元の人にとってはなくてはならない存在となっています。

くせになる味と食感の麩まんじゅうは一食の価値あり!季節のお菓子も人気♪

店頭には、法要や仏事などに使われる「上用まんじゅう」や、爽やかな「柚子まんじゅう」、素朴な味の「田舎まんじゅう」などいろんな種類のまんじゅうが並びます。
中でも特に人気なのが「麩まんじゅう」です。
生麩と同じ材料を使った皮が特徴的で、初めて食べた人はその食感にびっくりしてしまいます!
口に運ぼうと手に持った瞬間、まずその柔らかさに驚きます。
つぶれないように気をつけながら優しくお口へ。
すると、とにかく「ふわっふわ」なんです!
その柔らかさを主張するように、皮がぐーんと伸びるのも面白くて「一度食べたら忘れられない食感」と評判です。
そんな生麩の独特な食感に加え、中のこしあんはちょうどよい甘さで、包まれた葉の塩気がいい具合に移って味もとっても美味しいんです♪

さらに、季節のお菓子も人気です。
春は「花見だんご」や「桜餅」、夏は生のみょうがの葉を使った「みょうがぼち」、秋には「栗きんとん」。
甘露煮にした栗を使った「栗大福」は秋冬を通して楽しめます。


2021.06.03

INFORMATION

店舗名
大和屋製菓舗
所在地
岐阜県山県市高富1680-1
営業時間
8:30-18:30
定休日
なし(月曜のみ臨時休業の場合あり)
駐車場
4台
お問合せ
0581-22-1125
女性のイラスト
最初はてんこもりでたまたま「麩まんじゅう」を買って食べたんだけど、その食感に衝撃を受けました!お店には、他にも魅力的なおまんじゅうや和菓子がたくさんあるんです。例えば柚子まんじゅうは生地に柚子が入っていて、あんこのちょうどいい甘さのあとに、柚子の爽やかな香りと味が広がるんですよ!あと、香りも良くて、柔らかくてなめらかな草餅も私の定番です♪栗きんとんやみょうがぼちも、時期が来ると家族の分まで買いに行っていただいてます。どのおまんじゅうも、お手頃なのにあんこがぎっしりで、食べごたえもバッチリでおすすめです♪