ページの銭湯へ戻る

カタクリ群生地(赤尾・洞照寺・四国山)

早春に見頃になる貴重な山野草"カタクリ"!市内3箇所の群生地は見ごたえ十分!

地元の人によって保護され続けるカタクリの群生地。

カタクリは春に咲く貴重な山野草。毎年3月下旬~4月上旬が見頃です。
薄紫色の花びらを下向きに大きく広げながら咲く姿は可憐で、登山者や写真愛好家の間で人気の高い花となっています。

カタクリが人気の理由はその"ひたむきさ"にもあります。
球根から花が咲くまで最低7年はかかると言われており、1年目は芽を出すだけで枯れてしまい、その次の年からも葉を出すだけで、7年目にようやく花を咲かせます。
栄養が足りなければ翌年に必ず花が咲くとは限らず、とても繊細な花ともいえます。

かつては日本の山里に多く咲いていたそうですが、現在ではその姿を見る場所は少なくなっており、場所によっては絶滅危惧種の指定も受けているほどです。

そんな貴重なカタクリですが、なんと山県市内には住民の手によって大切に保護されている群生地が3箇所もあるんです!
1箇所は赤尾地内にある山の斜面、2箇所目は大桑市洞地内の「洞照寺」敷地内のカタクリの丘、3箇所目は「四国山香りの森公園」内にあるカタクリの群生地です。

どの群生地も住民の手によって丁寧に守られており、地元の人のカタクリに対する愛情を感じる場所ばかりですよ♪

一面に見渡せる感動のパープルカーペット!"赤尾"と"洞照寺の群生地。

まず1箇所目に赤尾地内にあるカタクリ群生地です。

少し見つけにくい場所なのですが、鳥羽川にかかる「さくら橋」を西側に渡ったところにある小高い山の斜面がカタクリ群生地となっています。
近くまで行くと山肌に薄紫色の花がびっしり咲いているのが見え、"カタクリの花見頃です"などと手作看板が毎年立つので、すぐに分かるのではないかと思います!

こちらの群生地は近隣の住民たちによって手入れされており、綺麗な花が毎年咲き誇っています。
鳥羽川サイクリングロードに咲く桜の時期とカタクリが咲く時期がちょうど重なっているため、両方のお花見を楽しむ人も多いです。
近隣の「さくら公園」または「赤尾ふれあい公園」に駐車場があるので、車で行かれる方はそちらに停めて向かうのが便利です♪

次に、大桑市洞地内の洞照寺です。
境内の敷地内にある小高い山の斜面一面に薄紫色の花が広がっています。

適度な日光を好むカタクリのために住職自ら木を剪定し、下草刈りなど手入れを行っています。
その甲斐あってか、最近は境内の東側斜面だけでなく、西側斜面にも群生地が広がってきているのだとか!

寺内には10台ほど止められる駐車場も用意されているので、近隣住人の邪魔にならないよう見学をお願いします。

四国山香りの森公園のカタクリも見ごたえ十分!

最後に四国山香りの森公園内にあるカタクリ群生地です。
群生地は、四国山斜面に3箇所のポイントがあり、2016年に地元の保存会が別の場所から2,000株を移植したものです。
通常、移植したカタクリは花を付けるのに数年がかかると言われますが、移植した翌年から花を付け始め、毎年、開花する株が増えています。

カタクリが植えられた場所には遊歩道もあり、近くで花を観察できるようになっているのも嬉しいポイント!
公園に行った時、ぜひカタクリの花も愛でに立ち寄ってみてください♪

なお、カタクリは日が昇ると花びらを開かせるので、10:00~16:00頃が一番きれいに見られますよ♪

山口くん(設定キャラ。山県市内に住む30代男)

桜と同じ時期に咲くカタクリ。豪華に咲き乱れる桜と、少しうつむき加減に控えめに咲くカタクリは本当に正反対の魅力を持った花です。雑木林に囲まれた山の斜面に咲く薄紫色のカタクリは僕にとっては"山の妖精"のような存在。この花の魅力に取りつかれて毎年訪れるカメラマンが多いのも納得です。どの群生地も地域の方が大切に手入れしてくれているからこそ春に楽しむことができるので、本当に感謝!四国山に移植したカタクリは、年数が経つにつれて開花する株が増えているので、これからが楽しみですね。里山の荒廃によって今では絶滅危惧種となっているカタクリ。そんな貴重な花が至るところに咲く山県の自然環境は本当に自慢ですね♪


2021.03.19

INFORMATION

大桑市洞地内・洞照寺
所在地/岐阜県山県市大桑5181
電話/0581-22-6831(山県市役所まちづくり・企業支援課)  
駐車場/約10台
 
赤尾地内
所在地/岐阜県山県市赤尾  
電話/0581-22-6831(山県市役所まちづくり・企業支援課)
駐車場/約20台(さくら公園)、約10台(赤尾ふれあい公園)
 
四国山香りの森公園
所在地/岐阜県山県市大桑726-1
電話/0581-22-5400
受付時間/9:00-17:00
定休日/火曜日
駐車場/約160台
HP/kaori-yamagata.dolphin-group.co.jp
女性のイラスト
桜と同じ時期に咲くカタクリ。豪華に咲き乱れる桜と、少しうつむき加減に控えめに咲くカタクリは本当に正反対の魅力を持った花です。雑木林に囲まれた山の斜面に咲く薄紫色のカタクリは僕にとっては“山の妖精”のような存在。この花の魅力に取りつかれて毎年訪れるカメラマンが多いのも納得です。どの群生地も地域の方が大切に手入れしてくれているからこそ春に楽しむことができるので、本当に感謝!四国山に移植したカタクリは、年数が経つにつれて開花する株が増えているので、これからが楽しみですね。里山の荒廃によって今では絶滅危惧種となっているカタクリ。そんな貴重な花が至るところに咲く山県の自然環境は本当に自慢ですね♪